ロードバイクの知恵袋

ロードバイク好きによるロードバイク好きのためのサイト

あなたは大丈夫?ロードバイク乗りのマナー

   

ロードバイクは自転車ですが、一般的なシティサイクルに比べるとスピードが出やすいので交通ルールとマナーにはより慎重にならなければなりません。

 

ちょっとしたルール違反があった重大な交通事故を招き、時には命を落としてしまうことになってしまうのです。

救急車

 

まず覚えておいて欲しいのは、自転車も立派な軽車両、いわゆる原付バイクと同じ扱いであるということです。

 

「自転車は免許もないし、人にぶつからなければ大丈夫だろう」という考えではいずれ事故にこまれてしまうでしょう。ここでは自転車を乗る場合の基本的なマナーについて説明していきたいと思います。

 

【信号無視と二段階右折に気をつけていますか?】

当たり前のことですが、信号を守るのはマナー以前に道交法からしても当たり前のことです。

ではここでいう「信号」とはどこの信号を指しているでしょう?

その前に、そもそも自転車はどこを走るのが正しいのでしょうか。

 

答えは「原則として車道の左側」(自転車横断帯)です。

 

ということは当然守る信号も「車道の信号」ということになります。

 

街中を走っていてよく見かけるのが「普段車道を走っているのに車道の信号が赤になったら歩道に乗り込み、歩道の信号が青だったらそのまま渡る」という人です。

 

一見すると問題がないように思いますが、これは厳密には信号無視になってしまいます。

基本的に歩道にある信号機は歩行者のためのものなので自転車乗り側の人間は通れないのです。

 

どうしても歩道の交差点を利用したい場合には自転車を降りて押して歩けば問題ありません。

 

では歩道を走っている自転車はすべてルール違反なのか、というと実は例外もいくつか存在しています。

 

ひとつ目は「13歳以下および60歳以上の場合」です。

 

この場合は無条件で歩道を走って問題ありません。

 

ふたつ目は「車道が混んでいたり狭かったりして危ないと判断した場合」です。

 

自転車で車道を走るのが危険な場合には無理に走る必要はありません。

 

最後は「自転車走行可の歩道の場合」(自転車歩行者専用道路)です。

 

歩道の端などにそうした道路標識がある場合には走っても問題ありません。

 

この標識がある交差点の場合には、自転車も歩行者用の信号に従うことになります。

信号以上に守られていないのが「二段階右折」です。

 

原付バイクの免許を持っている人はよくご存知かと思いますが、交差点を右折したい場合には自転車は直接右折はできません。

 

一度直進して交差点を渡り、信号が変わってから再度交差点を渡る、という方法が必須になります。

 

というのも自転車は道路の左端を走らなければならないので、道路の右の寄らなければならない右折はできないからです。

 

原付バイクの場合には二段階右折をしなければならない交差点については標識が出ていますが、自転車の場合には標識に関係なく二段階右折をするようにしましょう。

 

自転車が直接右折しようとすると、同じく右折する対向車線の自動車の影に隠れて見えにくいため、直進してくる対向車がこちらに気づくのが遅れてしまい、衝突しやすくなってしまいます。

 

それに問題なく右折出来たとしても、二車線道路の場合では右折後に道路の左端に寄るのが難しいので場合によっては道路の真ん中を走る羽目になることでしょう。

慣れないうちはとても面倒に思うかもしれません。

 

しかし安全には替えられないですし、車通の多い交差点では自転車を降りて歩行者として横断歩道を渡るように心がければそれほどイライラしたりはしなくなるものです。
自転車は車と違って一度スピードを落とすと再度加速するのにパワーを使いますし時間もかかります。

 

そのためロードバイク乗りなど、自転車に乗り慣れた人ほど減速することを嫌がる傾向があります。

 

ですが、そうした慢心こそが事故の元となり、自分や周りの歩行者の命を奪うことになりかねないということをしっかりと心に命じておくようにしなければならないのです。

【歩道走行をする場合のマナーについて】

先ほど言いましたように、基本的に自転車は歩道を走るものではありません。

 

しかし場合によっては歩道を走らなくてはなりませんし、場所によっては歩道通行可の場所もあります。

 

その場合にまず守るのが「徐行をすること」です。

 

徐行というと時速10キロ以下、くらいと定められていますが、言うなれば「その場ですぐに止まれる速度」ということです。

歩道では自転車よりも弱者、つまり歩行者が多く居ますし、歩道を縦横無尽に歩いていて自転車から見るととても危険です。

 

そして歩行者たちは自分たちが避けなくても自転車が避けるものだ、と思っています。

 

自転車がゆっくり走っているつもりでも実際に衝突事故を起こしてしまった場合、過去の事例では死亡事故も発生しています。

 

そのため少しでも安全性を高めるマナーとして、原則車道側を走るようにしましょう。

それと狭い道で歩行者が邪魔だからと自転車のベルを鳴らしている人もたまに見かけますが、それは完全にマナー違反です。

 

正確には道路交通法で指摘されている正しい使い方ではないので完全な違反といっても良いでしょう。

 

自転車のベルは本来、ブレーキが故障で止まれず歩行者にぶつかってしまいそうな時など、緊急時にのみ使用が許されているものです。

 

間違っても歩行者の後ろから道を空けさせようとして使わないようにしてください。
覚えておいて欲しいのは、歩道はたとえ自転車走行可であったとしてもあくまでも歩行者が優先だということです。

 

自転車が歩行者の邪魔になることは許されませんが、歩行者が自転車の邪魔になってしまうのは仕方ないですし、そこに文句を言ってはいけません。

 

【走りやすい河川敷だからこそ気をつけよう】

大きな川の河川敷には堤防とその調整用の道路があり、そうしたところはサイクリングロードになっていることが多いので自転車乗りが良く走っています。

 

こうした道路は基本的に一般車両の通行が禁止になっているので、路面状態も良く信号もないので、ロードバイク乗りなどにはとても人気があります。

 

しかしスピードが出やすいからこそ気をつけなければならないこともいくつかあります。

まず歩行者の存在です。

 

場所によっては河川敷にグラウンドがあり、野球やサッカーなどの試合をしていることがありますが、こうした場合ボールが道路に飛び出てきたりそれを追いかけて人が道路を横断することがあります。

 

お互い周りに人が少ないと思い込んでいるため周囲への警戒心が薄くなっている場合がありますし、ロードバイクの場合だと40キロ以上のスピードが出ていたりして歩行者側が距離感をつかめずに避けられなかったり事故の要因は少なくありません。

前の自転車を追い抜こうとする場合にも注意は必要になります。

 

信号や自動車が無いため後方への注意が散漫になって、ついハンドシグナルなどをせずにいきなり車線を変更してしまいがちになることがあります。

 

サイクリングロードは車幅が狭いため、追い抜く方も先行車をぎりぎりで避けようとするために、接触事故を起こしてしまうのです。

 

自転車にとって走りやすい道ではついつい前方ににも注意が行きがちですので、そんな時にこそ後方確認を怠らないようにしたいですね。
その他に注意すべき点としては、風の影響が挙げられます。

 

河川敷のサイクリングロードは周りに障害物がないため強風が吹きやすく、その影響を直接受けることになります。

 

向かい風の場合は速度が全然出ませんし、追い風の場合は逆に速度が出すぎてブレーキタイミングに注意が必要です。

 

そして横風の場合にはちょっとしたハンドリング操作で車体が大きく傾いてしまうので、複数人で並走している時などは車間距離をしっかり空けるようにしておきましょう。

【マナー違反や禁止行為を知っておこう】

前述したこと意外にも守るべきマナーやルールは存在しています。

 

マナーとして覚えておきたいのはハンドシグナルです。いわゆる手信号と呼ばれるもので、これは集団で走っている場合に特に有効になります。

 

ハンドシグナルにはいろいろ種類がありますが、ここでは2つだけ覚えておいてください。

ひとつは路上駐車などを右側の車線にずれて避ける場合などに使うもので、右手を後方を走る自転車や自動車の運転手に見えるように軽く広げます。

 

その際に気をつけるのはちゃんと後方を目視することと、前を走る自転車が同様のハンドシグナルをしたら自分も続けて後方によく見えるようにハンドシグナルを続けて行うことです。

 

その後車線変更をして障害物を避けたらすみやかに元の車線に戻るようにしましょう。

もうひとつは信号や障害物などで急に止まる場合に行うハンドシグナルです。

 

これは腰の辺りで右手で握りこぶしを作ります。

 

これによって後方の自転車の追突を防ぐ事ができるので、集団で走る場合には必須になるでしょう。

 

特に車の往来が多いような道では安全のために必要になるので、普段からしっかりと行うようにしてください。

うっかりやってしまいがちな禁止行為が車道と歩道の乗り換えです。

 

普段車道を走っているのに、赤信号になったらそのままの速度で歩道に乗り込んで交差点を渡ったり、逆に歩道を走っていたのに、車道が空いたからとちゃんと確認もハンドシグナルも出さずにいきなり車道に飛び出したりする行為です。

 

これは自動車にとっても歩行者にとっても、周りの自転車にとっても危険な行為ですので、絶対にやめましょう。

では車道を走っていれば問題ないのか、というとそういうわけでもありません。

 

たまに見かけるのが、自転車による逆走です。

 

自転車は原付バイクと同様軽車両ですので、走る方向も道路の左側と決まっています。

 

つまり自動車と同じ向きに走らなければならないのですが、それを無視して走る人が少なくありません。

 

特に年配の人に多いので注意が必要になります。

自転車に乗るのは昼間だけとは限りません。

 

夜間に走る場合には昼間に比べるとより安全に気をつける必要があるでしょう。

 

当然自転車用のライトは必須ですが、出来れば前方のライトだけではなく後方にもライトを付けることをおすすめします。

 

後方は反射板だけ、という人も多いかもしれませんが反射板の角度によっては自動車のブレーキが間に合わない距離になるまで反射しない場合があるのです。

 

より安全性に気を配る場合には、前方用ライトをヘルメットなどに装着することで、自分の視線上を照らせるのでより有効になるでしょう。

最近の自転車用のライトはLEDを使用しているため、明るく持続時間も長く使いやすくなっていますが、光量がやや弱い傾向にあるため購入する場合には実際に点けてみて確認してみましょう。

また光量を段階的に調整できたり点滅させたりすることも可能ですが、道交法ではライトは点滅させてはいけないことになっているのでライトが1つしかない場合には常に点灯させておくようにしておきましょう。

 - ツーリング