ロードバイクの知恵袋

ロードバイク好きによるロードバイク好きのためのサイト

ロードバイクメンテナンスの正しい手順

      2016/03/08

ロードバイクは精密な部品がいくつも組み合わされて出来ています。

 

それに加えて部品は消耗しますし、チェーンの油は乾いてしまいます。

 

そのため定期的なメンテナンスをしないまま乗り続けると思わぬ不具合でロードバイクが故障したり、本来のスペックを発揮できなくなってしまうのです。

 

そうならないためにはこまめなメンテナンス、清掃や調整が必要になりますが、いつどのタイミングでどのように行えば良いのでしょうか。
もっとも簡単で確実なのは、自転車屋へ持ち込んでプロの人にメンテナンスをしてもらうことです。

 

多少のメンテナンス料金は必要になりますが細かいところまで確実に見てもらえるので安心です。

 

しかしこういったショップでは基本的な清掃については行っていないことが多いため、日常的に行えることは自分でする必要があります。

 

ここではどのようなメンテナンスとその方法について説明していきましょう。

点検箇所はどこだろう

メンテナンス、といっても具体的にはどのようなことを行うのでしょうか。

 

大きく分けると「汚れの除去」「消耗品の確認」「駆動部の調整」です。

チェーンの掃除と注油

汚れの除去についてはまず行うのがチェーンについた泥や埃の汚れです。

 

チェーンには当然油を塗っているので、主にアスファルトを走っているとしてもどんどん汚れがついてしまうのです。

 

汚れが蓄積されるとスムーズなギアチェンジが行えなくなったりペダルが重くなったり異音がしたりしてしまいます。

 

ペダリングの回転力を損なわないためには定期的にチェーンの汚れを取り、その後新たにチェーンオイルを注油する必要があります。

とはいえそれほど難しいことではありません。

洗剤などで油汚れを取るなんてことはキッチン掃除をするのとそんなに変わらないですよね。

 

最近では簡単にチェーンを清掃できるパーツクリーナーなども販売しているので慣れない内はそれらの用具を使ってみるのも良いでしょう。

 

注油する際には余計な油が付き過ぎないよう、注油方法としてはタオルなどをチェーンにあてがいながら余計な油を拭き取りながらチェーンをゆっくり回してまんべんなく塗っていきます。

 

タイヤの確認とブレーキ調整

消耗品の確認で重要になるのがタイヤとブレーキです。

 

タイヤは当然路面に擦れて摩耗するため、同じタイヤを使い続けるとバーストしやすくなってしまいます。

 

表面が薄くなっていないかチェックしてください。

 

また内側のタイヤチューブに関しても段差などの衝撃が繰り返されることによって劣化している場合があります。

 

チューブの表面に傷が無いか、ホイールの内側にあるスポーク痕などがないかを確認しましょう。

 

もし摩耗があるようでしたら早めにタイヤ交換を行ってください。

もし乗っている間にパンクでもすたら転倒して怪我の原因になってしまいます。

またチェーンやワイヤーなども使っている内に摩耗したり伸びたりしていまうため、乗っていてブレーキの効きが悪い、シフトチェンジが上手くいかないなどの違和感を感じたら速やかにチェックするようにしてください。

そしてタイヤについて簡単ですが重要なことがあります。

空気圧は重要

それは常に適切な気圧で空気を入れておくということです。

 

一般的なママチャリなどの場合、一度空気を入れたらそれほど頻繁には空気を入れません。

 

しかしロードバイクのタイヤは細く、気圧も高いためすぐに空気が抜けてしまうのです。

 

そのため、ロードバイクに乗る場合には乗る前に毎回空気を入れなおすようにしましょう。

 

簡単ですがとても重要なメンテナンスのひとつなので、忘れずに行ってください。

リムテープのチェック

そこで見逃しがちなのがホイールの表面に貼られているリムテープのチェックです。

 

このリムテープはホイールとスポーツの接合部に出来る突起部分がチューブを突き破らないようにカバーするために貼られています。

 

知らずにそれを見ても何の意味があるのか解らないことが多いため特に気にしない人が大半かもしれません。

 

このテープが敗れたり伸びたりしていると、ちょっとした段差や衝撃でチューブに小さな穴を開けてしまい、ゆっくりと空気が抜けてしまう「スローパンク」と呼ばれる状態になってしまうのです。

 

通常のパンクと違って破裂音もしませんし、乗っても一気に空気が抜けないため、移動中に空気が抜けきって立ち往生してしまう場合がままあります。

 

そうした事態を避けるためにも、リムテープに問題がありそうな場合は早めに交換しましょう。

 

駆動部の調整は初心者には難しい

 

次に駆動部の調整ですが、これは初心者の間は自分ではやろうとせず、プロにまかせましょう。

 

というのもとかシフターケーブルやブレーキワイヤーの長さ調整、ディレイラーハンガーの位置状態の調整、ホイールのぶれ調整などは自転車を分解する必要があるので下手に手を出すとより状態が酷くなってしまう可能性もあるからです。

 

ここで肝心なのは、自分でメンテナンスをすることではなく、どこにどんな違和感があるのかをしっかり確認しておくことです。

メンテナンスに必要な道具はどこで入手できる?

メンテナンスに必要な道具はホームセンターで買える?それとも自転車屋?

ロードバイクのメンテナンスと聞くといろんな道具を揃えないといけないと思うかもしれません。

 

しかし実際にはそんなことはないのです。

 

それは前述したようにパーツの分解が必要になるほどのメンテナンスは自分では行わないためです。

 

必要になるのは清掃用具として水を入れるバケツ、タオル、大小サイズのブラシ、洗剤などです。

 

その他にはサドルの位置調整に必要な六角レンチ、タイヤ交換に必要な換えのチューブやパンク修理キットです。

そこそこ大きなホームセンターには清掃用具は当然として、ちょっとした自転車用品もあります。

これらの入手はそれほど難しいことはないでしょう。

 

ですがロードバイクの部品そのものは自転車屋で用意する必要がありますし、自転車用のチェーンオイルもホームセンターより自転車店で品質の良いものを入手しておくと良いでしょう。

 

チェーンを洗うのにも一般的な中性洗剤でも問題ありませんが、専用の洗浄チェーンクリーナーを用意すればより簡単に綺麗にすることも出来るため、近くに専門店があってそれなりに予算に余裕があればそちらで購入することをオススメします。

 

また、近場にそうしたショップがない場合にはネット通販などを利用するのもひとつの手です。

 

その場合は何を購入するか、しっかりと下調べをしておきましょう。

メンテナンスを行う間隔はどれくらい?

メンテナンスはとても重要ですが、どれくらいのタイミングで行うべきなのでしょう。

これはその部位ごとに変わってくると言っても良いかもしれません。

空気圧は毎回

例えば前述したようにタイヤの空気圧の確認は乗る度に必要なので、毎日乗っている場合には毎日行うことになりますね。

 

同じタイヤでの表面の摩耗具合に確認などはそこまで頻繁には行う必要がありませんし、駆動部分の場合は目で見て解らないところも多いため乗っていて違和感を感じたらということもあります。

とはいっても目安は必要ですし、車体の汚れは毎日蓄積されていきます。

掃除は月に1~2回

週に何回か乗っていると過程して、月に2回はチェーンの清掃やタイヤまわり、全体的な汚れの除去を行うと良いのではないでしょうか。

 

もちろん長距離のサイクリングをしたり雨上がりの路面などを走った場合などは早めにメンテナンスを行うようにしてください。

そして自分では確認が難しいワイヤーや変速機系統については専門店で定期的にオーバーホールをお願いしましょう。

 

ショップに確認すればメンテナンスのメーカー推奨頻度を教えてもらえるのでそれに合わせて定期的に行うと良いでしょう。
それ以外でもメンテナンスをしておきたいタイミングがあります。

転倒したらすぐに確認

それは転倒時です。

ロードバイクにとって転倒はよくあることですが、場合によっては致命的なダメージを負ってしまうこともあるのです。

倒れた拍子にチェーンやコンポに傷がつくかもしれません。

 

シフターがゆがんでしまうかもしれません。

フレームが曲がったりホイール軸がぶれてしまうかもしれません。

それに気が付かずに乗り続けると修理不可能なまでに故障してしまうことがあるので、転倒した場合や段差に激しく乗り上げた後には問題が起きていないか速やかにチェックすることをオススメします。

 

出先でそうしたトラブルが起きてしまい、急遽メンテナンスを行わなくてはならない場合に備えて、最低限の修理キットや交換パーツは持ち歩けるようにしておきたいものです。

こまめなメンテナンスは面倒と感じるかもしれません。

 

しかし慣れれば30分もかからず行えるようになるので、慣れてくればメンテナンスを行う回数を増やしてもそれほど負担にはなりません。

 

ロードバイクのパーツはどれもそれなりの金額がするため、雑に扱って壊してしまわないようにしっかりとチェックするようにしたいものですね。

このように実のところメンテナンスといっても出来ることはそうは多くはありません。

 

とはいえ洗剤で汚れを落としてピカピカにしてあげるだけでもメンテナンスとしては十分な効果がありますし、自分の愛車を大切に思うのであればこまめに行うことが大事になります。

 

もちろんロードバイクについてしっかりと学べば自分でワイヤーの調整や、不具合点の原因を調査して本格的な修理を行えるようになるでしょう。

ロードバイクのパーツはいろいろありますが、基本的にはメンテナンスがしやすいように簡単に分解と組み立てが行えるように設計されていて、パーツの脱着方法も簡単なので慣れれば短時間で行えるようになります。

 

最近ではロードバイク動画「Global Cycling Network(GCN)」にてメンテナンスのやり方説明しているので、そちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 - ロードバイクを買ってから